むちうち神経症状で後遺症14級9号が認定された事例


被害者 :20代男性
事故  :バイク乗車中に四輪車に衝突された事故でした。
傷病名 :頸椎捻挫(むちうち)ほか
整形外科への通院:事故後6ヶ月半でほぼ100日通院されました。
自覚症状:くびの痛み、左肩から左上腕にかけての痛みがありました。
     これらの痛みはずっと一貫して訴えておられました。

 
 当事務所は通院治療中からご依頼をお受けしました
 上記のとおり自覚症状がありながら、お受けした時点ではまだMRI検査が
実施されていませんでした。主治医の先生もMRI検査の実施を示唆されて
いたようでしたので、すぐに実施してもらうよう伝えました。

  • 整形外科への訪問

  後遺症診断の際、当事務所弁護士が被害者ご本人と同行して主治医の先生の
整形外科に訪問しました。

 しかし、主治医の先生は、MRI画像は大した異常はない、神経学的異常は
ほぼないという見解でした。このとき、最終でいくつかの検査が実施されました。
 後遺症診断書は後日交付ということでした。

 正直、主治医の先生はかなり手厳しいご見解でしたので、後遺症等級認定申請
も厳しいものになることは覚悟しました。

金田総合法律事務所が後遺症等級認定の申請を代理しました。

 
 被害者の方が後日後遺症診断書の交付を受け、当事務所がお預かりしました
ところ、少しですが異常所見の記載がありました。

  また、当事務所弁護士は、これまでむちうちや腰椎捻挫で多数の後遺症等級
申請をし、多数の等級認定を受けた経験から、被害者のMRI画像を見て自覚症
状と矛盾しない異常があるのではと考えられる部分がありましたので、この点に
関係する資料を準備し、被害者請求の際に添付しました
(詳細な内容については
控えます。)。 

  • 後遺症等級認定結果


 むちうちにつき、神経症状14級9号が認定されました。

  • 当事務所弁護士からひとこと

 
 交通事故で受傷し、整形外科にリハビリ通院しても、主治医の先生に、なかな
かうまく伝えられない方も少なくないと思います。

 本ケースも、そのようなケースであり、後遺症診断の段階で当事務所弁護士が
被害者の方と同行して整形外科に訪れ、主治医の先生にお話をお聞きし、こちら
からもお話を伝えました。
 もし、当事務所弁護士が、整形外科に同行していなかったら、後遺症等級が認定
されなかった可能性も十分考えられる事案でした。

  とくに、近年自賠責の後遺障害等級認定は厳しくなっている感があります。
  初回の後遺症等級申請で等級が認定されなかったら、異議申立てを考えることに
なりますが、一般的にも言われているように、この異議申立ての見通しは非常に厳
しいものです。

 ですので、初回の後遺症等級申請で、症状に見合った等級が認定されるよう努力
していくことが理想であると当事務所は考えています。
 当事務所では、必要に応じて、病院や医院への同行訪問を実施しています。

 交通事故で受傷し、通院リハビリ中だけど、今の通院状況に色々不安や疑問がある
 
といった方は、当事務所にご相談ください。

 


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます