病院同行ケース(むちうち、手のしびれなど 異議申立により14級認定)


 被害者(30代女性)は、自転車に乗っていて交通事故にあい、むちうちや
手のしびれなどを自覚し、通院治療後、事前認定で後遺症(後遺障害)等級認
定申請をしましたが、結果は、非該当でした。

  ※事前認定とは、相手の任意保険会社を窓口として後遺症(後遺障害)等級認
  定申請をする手続のことですが、この手続によりますと、被害者は、主治医の
  先生から後遺障害診断書の作成を受けてそれを提出するだけで手続が進むこと
  になります。


 「事故にあってから、くびは痛いし、(一方の)手もしびれて、それが今でも
  治っていないのに、後遺症の等級がおりなかったのは納得がいかない」

  ということで、当事務所の無料相談に来られました。
  当事務所が異議申立てからお受けすることになりました。

  後遺障害診断書の記載を見ると、受傷した傷病名や自覚症状からして必要と思
われるいくつかの検査結果の記載がありませんでした。それらの検査が実際に行わ
れていたのかどうかも含めて確認する必要があると感じ、被害者の方と病院に同行
することにしました。

  同行先は大きな病院の整形外科でした。
   お会いした医師の先生は、当然、日常の医療業務に追われてお忙しいはずでし
たが、非常にごていねいに対応していただけました。

  当事務所弁護士は、ジャクソンテストやスパーリングテストの実施がなされて
たのかどうかが気になり、主治医の先生にお尋ねすると、異常所見はあるとの
ことで
した。
 そこで、その検査結果に関する医証を作成いただき、異議申立の資料として提出
ました。その他の資料も含めて、被害者請求による異議申立てを行いました。

  ※被害者請求とは、相手自賠責保険会社に請求する手続です。

  
 その結果、上で述べた症状に関して後遺症等級14級9号(局部神経症状)が
認定されました。症状の一貫性が認められる点についても評価がなされていました。

  このケースで等級が認定されたのは、主治医の先生の追加医証も大きかったと
思います。

  必要な検査に異常所見があっても、それが後遺障害診断書に記載されていない
というケースもあり得ます。
 自分の症状から実施が必要な検査は何かを、被害者の方が把握することは非常
に難しいものといえます。

 交通事故後遺障害案件をたくさん取り扱っている弁護士がしっかりフォローして
病院に同行し、主治医の先生とお話をすることは、適正な後遺症等級が認定される
ために大事なことだと思います。

  まさに、被害者の方と病院に同行したことが、適正な後遺症等級認定につながった
といえるケースでした。
 その後の示談交渉も当事務所弁護士が代理し、妥当な解決に至った事案でした。

 

 

 

 


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます