肩の痛み等で神経症状14級9号が認定された事例の病院同行ケース


 被害者(40代男性でした。これは京都府以外の事案でした。)は、四輪車同士
の事故により、肩に痛みなどの症状が発生しました。

  通院を重ねても症状が残ったために、症状固定直前の段階になり、当事務所弁護士
が被害者の方と同行して主治医の先生を訪問しました。

 当事務所弁護士が、被害者の肩の症状が残存していることについて、主治医の先生
が実施していただいた検査や所見についてうかがいました。
 そのお話の中で、主治医の先生から針筋電図検査の実施について指摘がありました
ので、被害者の方は、紹介状を持ち、日をあらためて、検査機器のある病院で検査を
受けることになりました。
 この針筋電図検査では受傷部位に関連した神経に異常ある旨の所見がありました。

  そのほか、MRI画像に見られた異常については医証に詳細に記載されました。

 

  • 後遺症(後遺障害)等級認定結果は?

 
 異議申立てのステージまでいきましたが、肩の痛み等の症状に関して
   14級9号(局部に神経症状を残すもの)が認定されました。

 

  • ひとこと

 
 痛みなどの神経症状の残存が問題となる後遺症(後遺障害)は、この痛みなど
の症状を医学的に説明や証明をしていかなければ後遺症(後遺障害)等級の認定
にたどりつくことは難しいと思います。

  この被害者の方は、(もちろん、事故後から症状固定時までも整形外科に通院
されていましたが)症状固定後も自分で費用を負担して通院をされていました。
このようなことも、考慮の対象になり得ると考えております。
 もちろん、被害者の方は受傷当初から一貫して症状を訴えておられました。

 
 また、被害者の肩の痛みなどの症状に対して検査が実施されましたが、その検査
結果の内容も、被害者の症状と整合するといえるものでした。

 今回の後遺症(後遺障害)等級認定に、当事務所弁護士による病院同行が少しで
も役に立ったのではないかと思います。
 その後の最終の損害賠償交渉(示談交渉)でも、当事務所弁護士が代理して解決
することができました。

 

 


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます