後遺症(後遺障害)等級事件の処理方針


 金田総合法律事務所では、後遺症(後遺障害)の事件について、以下のことを
心がけております。

  1. 事故にあわれた直後からの相談やご依頼を心がけております。
  2. ご相談では、相談者の方にわかりやすく、かつ、ていねいに説明する
    ことを心がけております。
  3. 事件処理方針、かかる弁護士費用、かかりそうな実費の説明
  4. 依頼をお受けした後のこまめなご連絡、やりとり
  5. 加害者へ損害賠償を請求する際、見通しをご説明したうえで、被害者の
    方のご決断を尊重してすすめます。そして、当事務所は、粘り強く主張・
    交渉し、適正かつ妥当な賠償金を得ることを目標にし、被害者の救済に
    努めます。

 

1、事故にあわれた直後からの相談やご依頼を心がけております。


 弁護士がメインで活躍する段階は、損害賠償の示談交渉や裁判(場合によって
は交通事故紛争処理センター手続をえらぶときもあります。)のときです。

 しかし、後遺症(後遺障害)の等級が認定された後に、法律相談に来られ、話
をお聞きすると、受けた被害に見合った等級が認定されていないケースや、必要
な検査が実施されていなかったために、等級が認定されなかったというケースが
少なくありません。

 これらの場合、事故からできるだけ早い段階で交通事故事件処理に詳しい弁護士
のアドバイスを受ける必要
があったものといえます。

 もちろん、治療中に弁護士によるアドバイスがあまり必要ではないケースもあり
ますが、事故が発生してから出来るだけ早く交通事故事件処理に詳しい弁護士の相
談を受けることで、「漏れ」を一つでも防ぐことができると思いますし、治療中で
も依頼をした弁護士と話をするだけでも、孤独感が解消され、安心感をもたれる被
害者の方もおられます。

 「等級が認定されたらうちの事務所に来てください。」というアドバイスでは、
本当の被害者救済とはいえないと考えております。

 当事務所では、事故にあわれた後、できるだけ早い段階からご相談やご依頼を受
けることを心がけており、ご依頼をいただいた被害者の方には、一つでも「漏れ」
を防ぐために、弁護活動を行うことを心がけております。

 実際、当事務所は、症状固定前から事件をお受けするケースの方が多いです。

 

2、ご相談では、相談者の方にわかりやすく、かつ、ていねいに
  説明することを心がけております。


 交通事故のけがの解決をする中で、わかりにくい専門用語がたくさんあります。
 たとえば、深部腱反射検査、スパーリングテスト、肩鎖関節脱臼骨折、脛骨近位
端骨折、逸失利益など、単語を聞いたたけではわからないものがたくさんあります。

 当事務所の法律相談では、わかりにくい専門用語はできるだけ使わず、相談者の
方にわかりやすい説明
をこころがけております。

 また、当事務所の初回法律相談では、事件解決までの道のりを踏まえた大きな視点
からのアドバイスをさせていただいておりますが、相談者の方が気づいておられない
ことでも、事件解決までにポイントになると思われることについては、説明すること
にしておりますし、相手保険会社担当の言った意味、意図がわからないというご質問
に対しても、当事務所弁護士が説明可能な範囲で説明させていただくことも心がけて
おります。

 

3、事件処理方針、かかる弁護士費用、かかりそうな実費の説明


 当事務所に事件処理をご依頼されるかどうかを決めていただく前に、当事務所では、
事前に、解決までの事件処理方針と、弁護士費用とかかりそうな実費について、丁寧
にご説明いたします。

 そのうえで、相談者の方に当事務所にご依頼いただくかどうかを決めていただいて
おります。相談者の方により、それぞれけがの状況、治療状況、症状の経過は違います
ので、事件処理方針はみなさま一緒になるというものではありません。

 

4、依頼をお受けした後のこまめなご連絡、やりとり


 当事務所弁護士は、事件のご依頼を受けた被害者とは、できるだけこまめに報告、
連絡、相談などをおこない、ご連絡のやりとり
をさせていただくよう心がけておりま
す。こまめにやりとりをすることで、ご依頼者の方の不安を少しでも軽減できるよう
意識しております。

 

5、粘り強く主張・交渉し、適正かつ妥当な賠償金を得ることを目標にし、
  被害者の救済に努めます。


 加害者への損害賠償請求では、どれくらい損倍賠償が認められる可能性があるかに
ついて、ご依頼を受けた被害者の方に可能な限りの見通しを説明いたしますし、複数
の選択がある場合には、それぞれの見通しを説明いたします。

 そのうえで、依頼者の方に進める方向性を決めていただくことになります。
 決して、当事務所が、方向性について意見を押しつけることはいたしません。

 方向性が決まれば、当事務所は、適正かつ妥当な賠償金獲得をめざして粘り強く主張
・交渉いたします。


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます