後遺障害等級認定14級(局部神経症)非該当から後遺障害等級認定を獲得した事例1


 事前認定(任意保険会社を窓口として後遺障害等級認定をもとめる手続をいいます)
では、後遺障害の等級には該当しない(非該当)と判断され、当事務所にご相談に来
られました。

 当事務所弁護士は、お話をうかがい、関係資料を確認したところ、この件は後遺障害
の等級が認定されるべき事案であると考え、相談者からのご依頼をお受けしました。
 

当事務所の主な対応

 

 ① 被害者請求(簡単にいえば、自賠責保険会社を窓口として後遺障害等級認定を
  もとめる手続です)により、後遺障害等級認定に対する異議申立手続を行う。

 ② 主治医の先生に追加の医証を書いてただく。

 ③ 被害者のご親族に、被害者の日常の様子や日常生活上生じている支障について
  陳述書を書いてもらう

 ④ 受傷直後から症状固定時まで一貫して痛み等の症状が存在すること、詳細な治療
  経過、画像所見や神経学的検査所見と被害者の自覚症状との整合性などを記載した
  詳細な異議申立書の作成。

  ※被害者の方にはくびの痛みや一方の上肢(手も含む)しびれなどの症状があり
  ました。神経伝導検査で手に異常認められていたのですが、初回の認定では非該当
  になっていました。

異議申立の結果・・・14級9号の認定

 
 異議申立手続では、被害者の方が通院していた病院に医療照会がなされ、症状の一貫
が認められる等で14級9号(局部神経症状)が認定されました。
 弁護士に相談せずにあきらめていたら、等級は非該当のままだったかもしれません
 
依頼者の方は大変喜んでおられました。

 もうひとついいことがありました。今回、被害者請求で手続をしていたことにより、
14級が認定された場合に自賠責保険が支払ことになる金額75万円がすぐ入金された
ことです。



ひとこと


 交通事故で受傷した症状が残り、その症状に相当な等級が認定されるためには、被害者
側がいろいろな努力をしなければなりません。後遺障害診断書の記載に不備はないかチェック
することは重要なことです。
 このような場合、交通事故後遺症(後遺障害)案件をたくさん取り扱っている弁護士に
相談されることをおすすめいたします。

 

14級の最新記事

上肢(肩・肘・手首・手指)の最新記事

主婦の最新記事

自転車の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます