後遺障害等級認定14級(局部神経症状)非該当から後遺障害等級認定を獲得した事例2


 被害者:40代男性
    (事前認定では後遺障害等級非該当でした。)

  四輪車同士の事故であり、被害者は、一方の肩や上肢に痛み等の異常がありました。

 
 ●主治医の先生に、実際に存在する頚椎の異常所見について診断書をより詳細
  に書いてもらう
 ●ご友人等被害者とよく顔を合わす方に、被害者の様子について陳述書を書いて
  もらう
 ●衝突前の被害者の体勢、衝突時や衝突後の状況等を詳細に述べた被害者の
  陳述書の作成
 ●受傷直後から症状固定時まで一貫して痛み等の症状が存在すること、詳細な
  治療経過、画像所見や神経学的検査所見と被害者の自覚症状との整合性、
  被害者の通院状況などを記載した詳細な異議申立書の作成

    以上をふまえ、被害者請求による異議申立てを行いました。

 

異議申立ての結果 → 肩関係の痛みで14級9号が認定されました。

  •   ポイントは…

   異議申立てでは受傷当初から症状の訴えの一貫性が認められました。

   当初の後遺症(後遺障害)等級認定の判断では、受傷の経緯に疑問が持たれて
 いたようでしたので、事故の衝撃による受傷の経緯を丁寧に説明しました。

  被害者の方は、症状固定後も自費で通院して治療を受けておられました。

   そのほかにも、検査の異常所見が自覚症状と整合していた部分があったこと
 も大きかったものと思います。

   被害者の方は、この交通事故による受傷が原因で、休職をせざるを得なくなり、
 治療中に退職を余儀なくされてしまいました。
  実際の症状からしても後遺症(後遺障害)等級が認定されるべき事案であると
 考えられましたが、等級が認定されて本当によかったと思います。

 

14級の最新記事

上肢(肩・肘・手首・手指)の最新記事

四輪自動車の最新記事

契約社員の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます