後遺障害等級認定14級(局部神経症状)非該当から後遺障害等級認定を獲得した事例3

 
 女性(40代、主婦)
 当初非該当 → 異議申立の結果 後遺症(後遺障害)等級14級9号 
         が認定されました。

ポイント

 
 後方からの追突により被害車両の後部ガラスが割れるほどの事故でした。
 最初の等級認定の段階でMRI画像所見(C5/6突出所見等)が全く考慮されて
いませんでした。
 被害者本人の診療録や診断書等の資料を見ると以下のことがわかりました。

  ・ジャクソンテスト及びスパーリングテストが陽性である旨の所見があった。
  ・事故当初から頚部痛の記載が一貫して存在したこと。
  ・被害者の方は症状固定後も自費で通院されており、症状固定後の通院において、
   症状が変わらない旨の記載があったこと。
  ・症状固定前だけでなく症状固定後も被害者にトリガーポイント注射が継続的に
   実施されていたこと(症状固定後の通院は、被害者の負担で、リハビリだけでなく
   トリガーポイント注射まで実施されたことになります。)。

  以上の点を踏まえ、

   ●被害者の陳述書
   ●追加医証
   ●異議申立書

 等をそろえ、自賠責保険会社を窓口に(被害者請求)異議申立をしました。

 

異議申立の結果

 

 頸椎・上肢関係で後遺症(後遺障害)等級14級9号が認定されました。

  ●新たに提出した医証等から、受傷当初から症状の一貫性が認められました。
  ●受傷形態や治療状況と言った点にも言及がありました。

  被害者の方は、交通事故で受傷した頚部痛や腕の痛み・しびれにずっと悩まされて
いました。後遺症(後遺障害)等級が認定されて本当にほっとした思いです。

  その後の示談交渉(もちろん、当事務所弁護士が引き続き代理して交渉にのぞみ
ました。)では、早期に解決ができました。

 主婦の方については、休業損害と入通院慰謝料(傷害慰謝料)という損害賠償費目が、
後遺症(後遺障害)関係損害に劣らず重要になってきます
が、休業損害と入通院慰謝料
傷害慰謝料)は、こちらの請求金額どおりでの合意ができました。

 

 

14級の最新記事

主婦の最新記事

四輪自動車の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます