異議申立成功事例、足骨折(後遺障害等級認定14級→12級にアップした事例)

被害者:男性(30代)
(バイクに乗っていて乗用車に衝突され転倒強打し、左足部骨折)

ポイント   

当初等級は14級9号でした。
(足部痛に関して局部神経症状の残存が認定されていました。)  

異議申立実施     

当事務所は、被害者の診療録などの医療記録やレポート等の資料をそろえ、異議申立て手続を行いました。    

結果   

異議申立の結果は左足部痛について、12級13号(局部に頑固な神経症状の残存)が認定され、等級がアップしました。    
異議申立手続で、当事務所が提出した、ある医療記録が決めてとなり、「他覚的に神経系統の障害が証明されるものととらえられる」と評価され、12級13号が認定されました。     

被害者の症状を裏付ける事情はないかと、医療記録を丹念に検討し、主張立証を尽くした結果、等級がアップしたという事例でした。

12級の最新記事

下肢(股関節、膝、足首、足指)の最新記事

二輪自動車(原付バイク含む)の最新記事

自営業の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます