交通事故紛争処理センター利用により合計約382万円で解決した事例

男性:40代
傷病名:頚椎捻挫
事故状況:被害者、相手ともに四輪車でした。
後遺障害等級:14級9号(頚部・上肢神経症状14級)

結果

自賠責保険会社及び任意保険会社の双方から合計で約382万円の支払を受けることができました。

《内 訳》
■自賠責会社との関係
…後遺障害等級14級認定により75万円の支払いをうけました。


■任意保険会社との関係
交通事故紛争処理センターでの審査会による裁定により、
 約307万円(既払金を除く金額です)の支払いを受けるという解決ができました。 

当初の示談段階では…

相手方任意保険会社からの提案は、既払金を除く最終支払額が100万円余りでした。   

 

争いになった点は…

休業損害が認められるか否か、被害者に過失があるか否かなどが争点となりました。

 
紛争処理センターにおける裁定の結果、休業損害については一定金額が認められ、過失割合については相手方からは被害者に20%の過失がある旨の主張がありましたが、最終的には被害者に過失がないことを前提とする裁定が下されました。

14級の最新記事

その他の最新記事

四輪自動車の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます