後遺障害等級認定12級(顔・外貌醜状)賠償額が約115万円から411万円へアップした事例

被害者:事故当時小学校入学前の男子
傷病名:頭部裂傷後瘢痕
事故状況:被害者は歩行、相手は自転車でした。
後遺障害等級:等級12級(額部分の外貌醜状)

 ●相手方当初提示額…約115万円(1万円未満の端数は省略させていただきます。)                ↓
当事務所がご相談をお受けし、受任
   ↓
示談交渉の結果
最終支払金額約 411万円(1万円未満の端数は省略させていただきます。)
で解決しました。

当初の提案では…

後遺障害慰謝料の提示金額がかなり低いものでした。

 

等級12級の後遺障害慰謝料は…

280万円という目安の基準があります。
(※ただし、基準が異なる地域もありますし、具体的事案により金額も変わる可能性もあります。)。

後遺障害関係損害とは

後遺障害逸失利益
後遺障害慰謝料
という損害費目がありますが、過去の判例では男性の単なる醜状障害は逸失利益が否定されるケースが見られます。


このような状況の中、当事務所弁護士は、丁寧に主張を行い、後遺障害関係損害については、上でも述べた280万円を超える金額の支払いを受けるという示談を成立させることができました(傷害慰謝料もそれほど高い金額となるケースではありませんでした。)

12級の最新記事

その他の最新記事

歩行者の最新記事

醜状障害の最新記事

顔面(眼、鼻、口、耳、醜状)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます