交通事故紛争処理センター利用により合計約297万円で解決した事例(膝の神経症状)

男性:40代
職業:会社員
傷病名:左膝内障  ほか
事故状況:被害者は自転車、相手は四輪車でした。
後遺障害等級:14級9号(膝の神経症状)

ご依頼を受けた当事務所は…

●後遺障害等級認定申請手続を行いました。
 …被害者請求により14級9号が認定されました。

●示談交渉の後、交通事故紛争処理センターへ申立てを行いました。

交通事故紛争処理センター申立の結果…

人損につき、任意保険会社から 222万円 (1万円未満の端数は省略いたします。
それまでの既払額も除いた金額です。)の最終支払いを受ける和解が成立しました。
事前に等級14級が認定されていたことにより、自賠責保険会社から75万円の
支払いを受けていましたので、合計297万円(1万円未満の端数は省略いたします。
それまでの既払額も除いた金額です。)の支払いを受けることができました。

問題となった点がいくつかあります

●示談段階で特に傷害慰謝料の提示が低かった点がありました。

●過失割合

傷害慰謝料については、示談段階よりもかなり増額した計算で解決することができました。過失割合については被害者に10%という主張がありましたが、当事務所弁護士は、丁寧に立証資料を揃えて主張した結果、被害者側の過失を5%にとどめた計算での和解が成立できました

14級の最新記事

下肢(股関節、膝、足首、足指)の最新記事

会社員の最新記事

自転車の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます