頸椎捻挫・腰椎捻挫で後遺障害14級が認定され、合計約275万円の支払いを受けた事例

依頼者:20代男性(給与所得者)
依頼者は二輪車、相手は四輪車の事故でした。
傷病名:頸椎捻挫、腰椎捻挫など
    ブロック注射、トリガーポイント注射などの実施がされたほか、
    依頼者の方は腰痛等で腰部にコルセットを装着していました。

当事務所受任

依頼者の方は、事故にあわれた直後から当事務所の相談に来られ、当事務所がご依頼を受けました。 

後遺障害等級認定申請

当事務所が代理し、自賠責保険に対し、等級認定申請をしました。
MRI検査や神経学的検査に異常があったこともあり、頚部関係症状につき14級9号が、腰部関係症状につき14級が認定され、併合14級が認定されました 

示談交渉

当事務所が示談交渉を代理しました。

最終では、188万円(1万円未満は省略いたします。治療費等の既払額は除いた金額です。)の支払いを受けるという解決ができました。
後遺障害14級が認定されたことにより、事前に自賠責保険会社から75万円の支払いを受けており、また、ご依頼者の方の治療中、当事務所弁護士が交渉して、約12万円(1万円未満は省略いたします。)の休業損害の支払いを受けていましたので、当事務所弁護士受任後、合計275万円の支払いを受けることができました 

ポイント

本件では、現在の所得が比較的低い事案でしたが、被害者の年齢・職業・職務内容から考えて将来的な増収の可能性も主張した結果、この点を一定程度考慮に入れた形での解決をすることができました。

14級の最新記事

二輪自動車(原付バイク含む)の最新記事

会社員の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます