外傷性頸部症候群に関し、裁判による判決で後遺障害14級が認定され、約113万円の支払いを受けた事例

被害者:男性(事故時40代)
四輪車同士の事故でした。
傷病名:外傷性頸部症候群(頸椎捻挫)
    その他の傷病については省略いたします。

当事務所の対応

当事務所は、この被害者の方からご依頼を受け、被害者請求で後遺障害等級認定申請の代理をしました。しかし、結果は非該当でした。
その後、被害者請求で異議申し立てを行いましたが結果は変わらず、さらに、自賠責保険・共済紛争処理機構にも不服を申し立てましたが、結論は変わりませんでした。
そして、最終的に訴訟提起をしました。

訴訟による判決の結果

判決では、弁護士費用、遅延損害金も含めて合計113万円(1万円未満は省略いたします。)の支払いが命じられました。

判決では、後遺障害について、被害者の上肢症状については、「局部に神経症状を残すもの」として14級9号が認定されました。

※当事務所弁護士は、医療記録に記載のあった症状と整合性のある神経学的所見や画像所見を丁寧に主張していくよう心がけました。また、事故態様についても争点との関係で重要なところはしっかり主張するようにしました。

本件被害者の方は、事故後の現実の減収はありませんでしたが、当事務所もがんばって主張し、本人の努力によるものと評価され、逸失利益は認められました。

ひとこと 

傷害慰謝料がかなり低い金額の認定となったり、法律上、損害額を減額する事由があると判断され、損害額が減額となったこともあり、最終的な賠償金額は約113万円となりました。

しかし、症状固定日までの通院実日数が10数日だったという事実、急性期で1か月以上通院がなかった時期があったという事実がありながら、判決で後遺障害14級が認められたので、少しでも交通事故被害者救済に貢献できたのではないかと思っております。

14級の最新記事

会社員の最新記事

四輪自動車の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます