膝内側半月板損傷に由来する痛みで後遺障害14級が認定され、合計320万円の支払いを受けることができた事例

被害者:事故時及び症状固定時10代男性(大学生)
被害者は二輪車、相手は四輪車の事故でした。
傷病名:膝内側半月板損傷
    (画像上では外側側副靱帯損傷も指摘されていました。)

ご相談・受任

後遺障害診断書の内容の確認ということでご相談に来られ、当事務所がご依頼をお受けしました。
当事務所は、後遺障害等級認定申請手続から代理をしました。

自賠責の等級認定結果

結果は非該当でした。
急性期に約1ヶ月間通院がなかったことが理由の一つとしてあげられていました。
しかし、この1ヶ月間のブランクには理由がありました。
依頼者とのご相談により、異議申立てをすることにしました。

異議申立て

当初の認定理由からすると、半月板損傷等の傷病と事故との因果関係が疑われているのではないかと当事務所弁護士は考え、立証資料はないかと検討し、さらなる医証等の資料を集め、異議申立てを行いました。
結果は、非該当でした。やはり、半月板損傷が事故で生じたものと捉えるのは困難という理由がありました。(その他の理由もありましたが)

自賠責・共済紛争処理機構への申立て

その後、当事務所弁護士は、自賠責・共済紛争処理機構へ不服申立てをしました。
その結果、右膝痛の症状については、局部に神経症状を残すものとして14級9号が認定されました。

本件では、最初の等級認定で非該当となった理由を分析し、それを覆す資料があるかどうかを検討し、その資料を提出するとともに、等級が認定されるべきことを丁寧に主張していきました。

実際、本件では、半月板損傷が事故によって生じたことと矛盾しないといえるがどうかにポイントがあったと考えられる事案でしたので、当事務所弁護士は、そこを主張の肝にしていきました。
このケースでは、専門医の先生による画像鑑定資料も提出しておりました。

示談交渉

当事務所が代理して示談交渉を行いました。
結果、最終245万円の支払いを受けることで解決しました。
事前に14級が認定されたことにより、75万円の支払いがありましたので、結果、依頼者の方は、当事務所受任後合計320万円の支払いを受けることができました。

逸失利益ですが、労働能力喪失期間については、大卒期までの3年間は算定できませんでしたがその後の3年間は喪失したものとして(結局、労働能力の喪失は6年)、そして基礎収入は賃金センサス男性大卒全年齢平均賃金に基づき計算した金額で合意ができました。

14級の最新記事

下肢(股関節、膝、足首、足指)の最新記事

二輪自動車(原付バイク含む)の最新記事

学生の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます