頸椎捻挫に由来する神経症状で後遺障害14級が認定され、合計335万円の支払いを受けることができた事例

被害者:50代男性
赤信号待ちで停車していた被害者乗用車は多重追突事故の先頭車でした。
傷病名:頸椎捻挫等 

事故直後からのご相談

事故直後から右手のしびれ、知覚異常、握力低下があったということ、事故から5日後に実施された頸椎MRI検査で異常所見の指摘を受けたということで当事務所がご相談をお聞きしました。 

ご依頼を受けた当事務所は

 事故から早期にご相談をお受けしていたこともあり、後の流れの中で留意するべき点をお伝えしていきました。
自賠責保険会社に後遺障害等級認定申請代理をしました。
頸椎捻挫由来の右手神経症状が残ったことにつき、14級9号が認定されました
(ジャクソンテストに陽性所見、右手知覚異常所見等の所見がありました。)

その後の示談交渉も代理して行いました。
結果、最終260万円の支払いを受けることで解決できました。
自賠責から14級が認定されたことによる75万円の支払いとあわせて、
当事務所受任後合計335万円の支払いを受けることができました

被害者は、事業所得者(職人)の方でした。
事故後の症状の残存による業務上の支障をていねいに主張していき、
上記解決に至りました。

14級の最新記事

四輪自動車の最新記事

自営業の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます