腰椎捻挫等で神経症状14級が認定され合計295万円の支払いを受けた事例

被害者:30代男性(会社員)
被害者四輪車が停車中、後方から相手四輪車が追突したという事故でした。
傷病名:頸椎捻挫、腰椎捻挫等

当事務所弁護士は、治療中からご依頼を受けました。
ご家族の方も同乗され、受傷されたことから、ご家族の方についてもお受けしました。 

後遺障害等級認定申請

被害者の方の後遺障害ですが、頚部及び腰部につき神経症状14級9号が認定されました。
併合14級
主治医の整形外科の先生は、経過の診断書から、被害者の症状について細かく記載されておられ、神経学的検査の所見も細かく記載されていました
特に、腰部の神経学的異常所見が顕著にありました。
被害者は、腰の症状で、就労にも影響していました。  

示談交渉

示談交渉は、相手任意保険会社から、220万円の支払い(治療費等示談交渉前の治療関係費既払額を除いた金額です)を受けることで解決しました。
上記220万円のほかに、後遺障害14級が認定されて自賠責から75万円の支払いを受けましたので、弁護士受任後治療関係費以外に合計295万円の支払いを受けることができました。

14級の最新記事

会社員の最新記事

四輪自動車の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます