上腕骨骨幹部骨折 神経症状14級 損害額が140万円から360万円にアップした事例

被害者:20代男性(会社員)
被害者は二輪車、相手は四輪車の事故でした。
傷病名:上腕骨骨幹部骨折(脛骨、腓骨の骨折もありました)
後遺障害:上腕骨骨折部分の神経症状で14級9号が認定されました。

相手保険会社からの事前提示額

140万円(1万円未満は省略させていただきます)  

被害者の方は相手保険会社提示額のことで当事務所にご相談に来られ、当事務所弁護士がご依頼をお受けしました。

結果

既払金を除く最終支払額360万円の支払いを受けるという解決ができました。

当事務所弁護士は、資料を検討し損害額を提示して示談交渉を行いました。
後遺障害慰謝料、後遺障害逸失利益については、こちらからの請求金額で合意ができました。

入通院慰謝料についても弁護士受任前の提案額は決して高いものではありませんでしたが、入院期間、通院日数、治療内容や症状を細かく検討して主張し、大幅な増額で解決することができました

14級の最新記事

上肢(肩・肘・手首・手指)の最新記事

二輪自動車(原付バイク含む)の最新記事

会社員の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます