左足部骨折で神経症状12級13号が認定され、合計で約1834万円の支払いを受けた事例

 被害者:30代男性(自営業者)
 被害者は二輪車、相手は四輪車の事故でした。
 傷病名:左足部骨折(その他の傷病名は省略いたします。)

 後遺障害:左足部骨折後の痛み(神経症状)で14級9号が認定されまし
たが、異議申し立てを行い、同部分は、「局部に頑固な神経症状を残すもの」
として等級が変更され、12級13号に等級が上がりました

 この異議申し立ては、当事務所弁護士が代理して行ったものです。 
 この点については、
 異議申立成功事例、足骨折(後遺障害等級認定14級→12級にアップした事例)
をクリックしてご覧ください。

 足部アライメントに異常が認められ、神経症状12級13号が認定された
ものです(リスフラン関節の脱臼・骨折により、足のアーチが低下しました)。

 その後、当事務所弁護士が代理して示談交渉を行いましたが、まとまらず、
当事務所弁護士が代理して訴訟提起することになりました。

裁判では


 第一審判決で、1330万円(10万円未満は切捨省略しています)の支払い
が認められました。
(この判決は第一審で確定しました)
そのほかに遅延損害金がつき、合計で結局1610万円(10万円未満は切捨省略
しています)の支払いを受けることになりました。
 訴訟提起までに、後遺障害12級が認定されたことにより、自賠責保険会社から
224万円の支払いを受けていました。
 判決で命じられた1610万円と自賠責からの支払分224万円とをあわせると、
合計1834万円の支払いを受けたことになります。


判決で認められた金額のうち、一部は以下のとおりです


・傷害慰謝料…196万円
  →傷害慰謝料については、入院約1か月半、通院期間は約10ヶ月で、通院
   実日数は55日
でしたが、治療方法に特別の事情等がありましたので、こ
   れらを主張した結果、196万円
が認定されました。
・後遺障害慰謝料…280万円
・後遺障害逸失利益…980万円(10万円未満は切捨省略しています)

 後遺障害逸失利益に関し、基礎収入については、実収入に関する資料の提出や
被害者の家族構成状況等を主張し、申告所得額を上回る収入が認められました。
 また、本件被害者の後遺障害に関する痛み(神経症状)の残存は器質的損傷に
基づくものであり、そのような神経症状が10年程度でおさまるものではない旨
がんばって主張立証をした結果、症状固定時から67歳までの期間の労働能力喪
失が認められました。

 また、過失割合については、当事務所弁護士受任前、物損では被害者の過失なし
という処理ではなかったようですが、当事務所弁護士は、被害者の意向を聞き、
記録を検討し、本件で被害者に過失はない旨主張し、結果、被害者の過失は認め
られない旨の判断がくだされました。 

12級の最新記事

下肢(股関節、膝、足首、足指)の最新記事

二輪自動車(原付バイク含む)の最新記事

自営業の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます