併合12級(外貌醜状、神経症状)が認定され、弁護士加入後544万円の支払いを受けた事例

被害者は30代男性で、四輪車同士の衝突事故でした。
被害者は、頸椎捻挫や腰椎捻挫の受傷のほか、顔も受傷し、傷あとが残ってしまいました。
当事務所がご依頼を受け、自賠責に対する後遺障害等級認定申請から代理しました。

結果

・外貌醜状で12級14号
・頚部と腰部に神経症状が残り、それぞれ14級9号

が認定されました(併合12級になります。)。

その後、示談交渉を行い、相手任意保険会社からは、最終320万円の支払いを受けることができました。(治療費や休業損害は除いた金額です)
後遺障害12級認定による自賠責からの224万円の支払いとあわせて、弁護士加入後合計544万円の支払いを受けることができました

後遺障害慰謝料や逸失利益が争点となりました(逸失利益は特に被害者の収入が争点になりました)が、ねばり強く交渉をした結果上記解決に至ることができました。

12級の最新記事

四輪自動車の最新記事

自営業の最新記事

醜状障害の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

顔面(眼、鼻、口、耳、醜状)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます