頸椎捻挫14級 賠償額合計431万円の支払いを受けた事例

この事故は、被害者(男性:症状固定時50代)が自動車を停車中、後方から来た自動車に追突されたというものでした。被害者は、頸椎捻挫の診断を受け、事故後通院を継続しましたが、頚部痛や手のしびれなどが改善しませんでした。
当事務所は、後遺障害等級認定申請から代理をすることになりました。

等級認定・示談

等級認定結果は頚部で14級9号(局部神経症状)が認定されました。
ここで、自賠責から75万円の支払いを受けました。
その後、当事務所は示談交渉も行いました。
示談交渉の結果、約356万円の支払いを受けました(治療費は既に医療機関に支払済みでしたので、それを除いた金額です。)。
弁護士加入後、合計431万円の支払いを受けることができました。

後遺障害逸失利益は、5%の喪失率、期間は5年とした計算で合意することができました。

ひとこと

頸椎捻挫の場合、頚部痛だけでなく、首から肩にかけての痛み、だるさ、重さ、腕や手のしびれやだるさ等が発症する場合があります。自分にある症状は初診のときにできるだけくわしく整形外科の先生に伝えることが必要ですし、経過で先生の診察を受けるときにもそのときに存在する症状をできるだけくわしく伝える必要があります。

14級の最新記事

会社員の最新記事

四輪自動車の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます