首、腰、肘の神経症状併合14級 合計395万円の支払いを受けた事例

ご依頼者(30代女性)は、四輪車同士の事故にあい、外傷性頚部症候群、腰椎捻挫等を受傷しました(肘の打撲などもありました。)。リハビリ継続中に相手保険会社から治療費の打ち切りを告げられ、当事務所にご相談に来られました。
当事務所弁護士はMRI検査に関してもアドバイスをしました。

当事務所がご依頼を受け、治療費支払い交渉を行い、その後、後遺障害の等級認定申請を代理しました。

等級認定結果

等級認定結果…併合14級
頸椎関係(上肢も含めて)、腰椎関係、肘につきそれぞれ神経症状14級9号が認定されました。
自賠責保険会社から75万円の入金がありました。

示談交渉

既払治療費を除き、320万円の支払いを受けるという解決ができました。
弁護士加入後、合計395万円の支払いを受けたことになります。

ひとこと

頸椎関係や腰椎関係等に症状がありながら、事故からまだ6ヶ月が経過していない時点で治療費の打ち切りを告げられた事案であり、この時点で頸椎や腰椎MRI検査も実施されていない事案でした。この状態のままだと後遺障害等級が認定されなかった可能性が高いといえる事案であり、その後の示談の話も被害者に不利なものとなる可能性もあった事案でした。

 

14級の最新記事

上肢(肩・肘・手首・手指)の最新記事

主婦の最新記事

四輪自動車の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます