むちうち、上肢しびれ・知覚障害、腰椎捻挫などで併合14級が認定され、349万円の賠償金を獲得した事例

被害者(30歳会社員男性)は乗用車を運転し、赤信号で停車していたところ、後方から追突を受けました。

むちうち(片方の上肢のしびれや知覚障害もありました)、腰椎捻挫を受傷しました。
当事務所弁護士は、治療中からご依頼をお受けしました。
この被害者の方は、治療の初期から当事務所に相談に来られました。
相談時には既に自分の傷病名や自覚症状をはっきり認識しておられたので、スムーズに相談が進みました。

MRI画像では、自覚している上肢しびれ・知覚障害の場所に整合した所見がうかがえる事案でした。神経学的検査にも異常所見がありました。

後遺障害等級申請

当事務所弁護士は後遺障害等級認定申請も代理しました(被害者請求)。
結果、頚部関係と腰部関係でいずれも14級9号が認定されました併合14級)。

示談交渉の結果

当事務所弁護士は示談交渉も代理しました。
示談交渉の結果ですが、既払金を除く最終の支払額274万円(1万円未満省略いたします。)という合意ができました。相手自賠責保険会社から支払いを受けた75万円とあわせると、349万円の支払いを受けたことになります。

ひとこと

被害者自身の休業自体は少ない事案でした。
逸失利益については、被害者が勤務先での仕事に支障が生じている点をできるだけ具体的に説明したことや、医学的異常所見、緩解の見通しに関する医師の所見など主張し喪失期間5年に基づく計算で合意ができました

14級の最新記事

会社員の最新記事

四輪自動車の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます