併合11級(腰椎圧迫骨折脊柱変形、肋骨骨折神経症状等)弁護士加入後1770万円の支払いを受けた事例


 当事務所がご依頼をお受けした被害者…30代男性会社員二輪車に乗ってお
                   られたところ、四輪車に衝突された
                   事故でした。
 傷病内容…腰椎圧迫骨折、肋骨骨折ほか

 当事務所は症状固定時期直前からご依頼をお受けし(ご依頼をいただくまで
に何度かご相談に来られていました。当事務所弁護士による相談が少しでも役
に立ったのであれば幸いです。)、被害者請求での後遺障害等級認定申請代理
及び示談交渉等を行いました。

後遺障害等級


 併合11級
でした。

・腰椎圧迫骨折による脊柱変形障害11級7号
  →圧迫骨折があった腰椎は一つでしたが、圧潰(かんたんに言えば、
   つぶれることです)の程度は決して軽度とはいえないものでした。

・肋骨骨折後の肋骨神経症状14級9号

 ※その他に神経症状14級9号が認定された部位が複数ありましたが
  省略いたします。

示談交渉


 結果、既払金(休業損害全額、交通費、治療関係費)と自賠責保険から
支給された331万円(11級認定分)を除いて1439万円の支払いを
うけることができました。
 自賠責の331万円と1439万円とを合わせた1770万円が、弁護士
加入後支払いを受けた額です。

ひとこと


 この被害者の方は、症状固定となり相手任意保険会社から治療費が支払わ
れなくなった後も、自費で健康保険を使用して相当な頻度で、かつ、継続的
に整形外科にリハビリ通院し続け、時にはトリガーポイント注射が実施され
ていました。
 示談成立後も整形外科に通院されているようです。

 被害者のこのような自腹での医療費の支出を軽く扱うべきではないと当事務
所弁護士は考え(ましてや注射にはさらに費用がかかります。)、関連すると
考えられる項目で主張していくようにしました。

 当事務所では、交通事故に遭い、腰椎などを圧迫骨折された方のご相談やご
依頼を受けた件数がたくさんあります。

 腰椎等の脊椎を圧迫骨折した場合、変形障害、運動障害、荷重障害、神経症
状などの後遺障害の残存が気になるところです。

 このような被害に遭われた方は、一度、当事務所の無料相談をお受けいただけ
ればと思います。

11級の最新記事

その他(胸腹部臓器、外貌以外の醜状、鎖骨など)の最新記事

二輪自動車(原付バイク含む)の最新記事

会社員の最新記事

脊柱障害(腰椎圧迫骨折など)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます