頸椎捻挫・腰椎捻挫受傷 併合14級 賠償額81万円の提示から400万円にアップした事例

・被害者、発生事故
  30代女性 主婦
  自転車乗車中、四輪車に衝突された事故でした。

当事務所受任前の状況

・頸椎捻挫、腰椎捻挫を受傷(その他の傷病名もありました)
・事故後、頚部痛、頭痛、片方の肩痛や上肢しびれ、腰部痛などがあるため、整形外科へ
 継続通院していたが、治療費を打ち切られ、賠償金81万円の提示が出ていました

当事務所弁護士受任後

被害者にMRI検査が実施された後、後遺障害診断がされ、当事務所が被害者請求にて等級認定申請を代理しました。(※詳細な経緯については省略いたします。)

■等級認定結果

併合14級でした。
・頚部関係14級9号(局部神経症状)
・腰部関係14級9号(局部神経症状)

■示談交渉の結果
それまでの既払額を除き325万円を支払う合意ができました。
14級認定により自賠責保険会社から75万円の支払いがありましたので、被害者の方は、弁護士加入後400万円の支払いを受けたことになります。

ひとこと

示談交渉においてはほぼ当方の主張どおりの合意ができました。

弁護士受任前の状況からすれば、そのまま後遺障害等級認定申請をすると等級非該当の可能性もあったと考えられる事案でした。

14級の最新記事

主婦の最新記事

自転車の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます