むちうちで後遺障害等級14級9号認定 合計317万円の支払いをうけた事例

被害者は、事故時20代の男性でした。
四輪車同士の事故でした。

当事務所にご相談に来られるまで

事故後から、頚部痛、片方上肢にしびれ・だるさ・知覚鈍麻、肩凝りなどの自覚症状があり、整形外科にて通院・リハビリを行っていました。
経過で深部腱反射検査や針筋電図検査が実施されましたが、異常所見はありませんでした。
ただし、トリガーポイント注射は実施されていました。
約7ヶ月の通院治療後(通院実日数は100日を超えていました。)、治療費が打ち切りになり、後遺症のことで当事務所にご相談にこられました。

当事務所受任後

当事務所は後遺障害等級認定申請から代理しました(被害者請求)。
神経学的異常所見については、ジャクソンテストにおいて、片方の上肢しびれに一致した陽性所見が出ていました。

■等級認定結果

むちうち関係で14級9号が認定されました。
その後、当事務所弁護士は示談交渉も代理しました。

■示談交渉

既払治療費を除く最終支払い額242万円(端数省略)の支払いを受ける解決ができました。
自賠責14級認定による支払金75万円とあわせて、弁護士加入後317万円の支払いを受けたことになります。

本事案は

示談交渉では当方の請求額どおりでの解決ができました。
特に逸失利益では、基礎収入は賃金センサスに基づく主張をしました。
喪失期間も5年での解決ができました。
この方は治療費が打ち切りになり、その後のこと、すなわち後遺障害診断のことについてよくわからないといったご様子でした。後遺障害のことにいてよくわからないのは無理もありません。そんなときに、当事務所の無料相談をご利用され、後遺障害の認定のこと、内容や手続も含めてご相談にのり、当事務所がご依頼をお受けしました。

神経学的検査について 

頸椎関係では、
 ジャクソンテスト、スパーリングテスト

腰椎関係では、
 ラセーグテスト、SLRテストなど

といった神経学的検査があります(このほかにも神経学的検査はありますが)。
これらの神経学的検査と後遺障害等級との関係について、具体的なことは当事務所の無料相談にておたずね下さい。

14級の最新記事

会社員の最新記事

四輪自動車の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます