被害者40代男性会社員 腰椎捻挫・膝打撲で併合14級 合計372万円の支払いを受けた事例

被害者

 
 事故時40代男性会社員の方でした(バイク乗車中、四輪車に衝突された事故
でした。)

傷病・症状

 
 事故直後から腰痛、一方の下肢しびれ、一方の膝痛を自覚しているということ
で事故直後から当事務所にご相談に来られました。
腰椎捻挫、(一方の)膝打撲(その他の傷病は省略)との診断がなされていました。


整形外科への通院状況

  
 通院期間7ヶ月弱で通院実日数は114日でした。
 このほかに通院した整形外科以外の医療機関でMRI検査を受けた日があります。
 このMRI検査は比較的早い段階で実施されていました。

 被害者の方は、会社を休まれた日もありましたが、仕事に行かれた日でも何とか
時間の都合をつけて、整形外科へ通院・リハビリをがんばって行かれました。
 しかし、それでも、上でのべた症状は残ってしまいました。

経過の神経学的所見では

 
 SLRテストでは、痛み・しびれのある側の下肢に一致した異常が出ていました。
これら神経症状のある側の足部には知覚低下もありました。下肢の腱反射検査は正常
でした。

MRI検査では


 腰椎に異常所見がありました。

当事務所の対応


 ・示談交渉(休業損害の交渉も行いました。)
 ・後遺障害等級認定申請代理

示談交渉の結果


 相手任意保険会社から297万円(1万円未満は省略しています。治療費、通院
交通費を除いた金額です。)の支払いを受けることができました。
 被害者請求にて後遺障害の等級認定申請をした結果、腰部関係及び膝関係でそれぞれ
14級9号(併合14級になります。)が認定され、75万円の支払いを受けていました。
  
 合計372万円の支払いを受けることができました。

 人損の後遺障害逸失利益については、労働能力喪失期間を5年とした計算による支払い
を受けることができました。

14級の最新記事

下肢(股関節、膝、足首、足指)の最新記事

二輪自動車(原付バイク含む)の最新記事

会社員の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます