頸椎捻挫(むちうち)・腰椎捻挫併合14級 治療費・交通費を除き339万円の支払いを受けた事例

ご依頼者(被害者)30代男性
普通乗用車乗車中、赤信号で停止していたところ、後方から普通乗用自動車に追突されました(玉突きでした)。
頸椎捻挫、腰椎捻挫を受傷されました。

 

●当事務所は治療中からご相談・ご依頼をお受けしました。
休業損害の交渉、後遺障害等級認定申請、示談交渉を当事務所弁護士が代理しました。

 

●リハビリを重ねても結局、頚部痛や腰痛などが改善されず、症状固定となり、後遺症認定の方向になりました。

 

●後遺障害等級は、頸椎捻挫後の頚部痛と、腰椎捻挫後の腰痛について、神経症状14級9号が認定されました(併合14級)。

 

●その後、示談交渉を行いました。
結局、休業損害の支払い、自賠責保険から後遺症14級相当分の支払い、最終示談での支払いを全てあわせて339万円(1万円未満省略しております)の支払いを受けることができました。

 

このケースは、事故後比較的早期に頚部と腰部について、MRI撮影が実施されていました。当事務所弁護士が見たところ、弁護士なりの見立てでも異常があるのではないかと推測ができるものがありました。主治医の先生も、頚部と腰部のMRI画像上の異常所見は後遺障害診断書で指摘されていました(当事務所弁護士が異常ありと推測していた部位と一致していました。)。

 

交通事故で頸椎捻挫(むちうち)や腰椎捻挫を受傷し、事故直後から上肢(腕や手)が痛い・しびれる(これは頚部と関係があります。)、下肢(足)が痛い

このような場合、痛みやしびれの部位に一致して頸椎椎間板・腰椎椎間板に異常所見が見られる場合がありますが、頸椎や腰椎の椎間板の状態を確認するにはMRI検査が必要になります。上肢や下肢にこのような症状があるのであれば、特に事故後早い段階でのMRI検査は必要だと思います

 

14級の最新記事

会社員の最新記事

四輪自動車の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます