外傷性頚部腰部症候群併合14級 賠償額165万円から306万円にアップした事例

被害者(30代男性会社員)はバイク乗車中、四輪車に衝突されました。
外傷性頚部腰部症候群などを受傷し、リハビリ通院を継続するも頚部や腰部に痛みが残り後遺障害認定を受け、頚部と腰部のいずれも14級9号が認定されました(併合14級)。

 

その後、相手任意保険会社から最終賠償金額165万円の提示があり、当事務所にご相談に来られ、当事務所がご依頼をお受けすることになりました。

 

当事務所は、示談交渉を代理しました。示談交渉に先立ち、刑事記録の取り寄せや相手任意保険会社に対し不足している資料の交付を依頼しました。

 

示談交渉の結果、既に支払いを受けているものを除く最終支払額306万円で合意ができました。
※以上、賠償額の数字は1万円未満省略しております。

 

●むちうちは、頸椎捻挫との傷病名がつく場合が多いですが、外傷性頚部症候群という傷病名がつく場合もあります。また、腰椎捻挫は外傷性腰部症候群という傷病名がつく場合もあります。

14級の最新記事

二輪自動車(原付バイク含む)の最新記事

会社員の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます