20代女性 手関節打撲、頸椎捻挫 併合14級 合計287万円の支払いを受けた事例

事故内容

被害者は歩行者、相手は二輪車、二輪車が歩行者に衝突した事故でした
(詳細は受傷態様については控えさせていただきます。)。
被害者は会社員の20代女性でした。

症状

被害者は、頸椎捻挫、手関節打撲などのけがを負いました。
被害者の方は、頚部、肩、前腕に痛みやしびれ(具体的な内容は控えさせていただきます。)、手関節の痛みなどがする状態がつづきました。

当事務所弁護士の受任

被害者は症状固定直前に当事務所のご相談にこられ、当事務所がご依頼をお受けしました。

当事務所弁護士受任後

主治医の先生(整形外科)の指示でMRI検査が実施されました。
その後、後遺障害診断がなされ、当事務所が後遺障害等級認定申請を代理しました(被害者請求)。
後遺障害診断前に、当事務所弁護士が被害者の方と同行して主治医の先生にお話をお聞きする機会をいただきました。

等級結果

・頸椎捻挫後の症状について14級9号(局部神経症状)
・手関節関係症状について14級9号(局部神経症状)

が、それぞれ認定されました(併合14級でした。)。

最終解決

示談で解決しました。
相手自賠責保険会社から75万円、相手任意保険会社から最終212万円(治療費、休業損害、交通費を除いた金額です:1万円未満省略)の支払いを受けるという解決ができました。
合計で287万円の支払いを受けるという解決ができました。

ひとこと

主治医の先生が経過の診断書で症状等について事細かに記載され、症状推移が非常にわかりやすく記載されていたケースでした。
後遺障害診断書では、上肢の筋萎縮に関する詳細な記載やMRI検査の異常所見などが記載されていました。
示談では当方の請求どおりで合意することができました。

14級の最新記事

上肢(肩・肘・手首・手指)の最新記事

会社員の最新記事

歩行者の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます