腰椎捻挫で後遺障害14級9号認定 治療費を除き305万円の賠償金が認められた事例

当事務所にご相談に来られるまで

ご依頼者は40代男性でした。
マイカーを停車させていたところ、後方から四輪車の追突を受けました。
依頼者の方は事故直後すぐ、自車の写真を撮影されていました。

主治医の整形外科の先生が作成された後遺障害診断書を持参され、当事務所の相談に来られました。これから後遺症等級の申請をするところで、後遺障害診断書の記載がどうか、というご相談でした。

当事務所受任後

その後、当事務所弁護士がご依頼をお受けし、後遺障害等級認定申請の代理を行いました。
後遺障害診断書に記載された他覚所見は、MRI画像上、腰椎の、ある一部位の椎間板にヘルニアがある旨の記載のみでした。このMRI画像上の異常所見はかなりはっきりとしたものでした。
緩解の見込みはなしとの見解でした。

ご相談段階でこの依頼者の方の自覚症状をお聞きしていると、腰痛以外に、上記ヘルニア所見がある高位と整合する体の部位に感覚障害が持続していることがわかりました。ところが、依頼者の方は、この自覚症状は事故とは関係のないものだと思い込んでしまい、主治医の先生に伝えていなかったとのことでした。
また、この自覚症状とMRI画像所見とを見て、いくつかの神経学的検査に異常があるのではないかと思いましたが、神経学的な異常所見は特に見あたりませんでした。   

等級認定結果・示談

腰椎につき14級9号が認定されました。
依頼者の方は最初から腰痛を一貫して訴えておられ、それも考慮されたようです。

その後の示談も最後まで当事務所弁護士が代理しました。
示談は早々に決裂し、交通事故紛争処理センターを利用しました。
結果、既払治療費を除き最終230万円(1万円未満省略)の支払いを受けるという合意ができました。

弁護士受任後に、自賠責14級認定による支払金75万円と合わせて305万円の支払いを受けることができました。

●慰謝料関係は当方の請求どおりの金額で合意ができました。

●相手方からは素因減額が主張されましたが、結局、素因減額なしの計算に基づく金額で合意に至りました。

14級の最新記事

会社員の最新記事

四輪自動車の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます