交通事故紛争処理センターを利用した損害賠償の解決

  • 示談交渉(損害賠償交渉)がまとまらないとき


  示談交渉で、損害賠償金額に関し、相手任意保険会社の提示する金額と、被害者
の主張する金額とに大きな開きがあり、示談交渉がどうもまとまりそうにないという
ことがあります。

 このような場合、損害賠償問題の解決方法には、民事裁判(訴訟)を提起するほか、
交通事故紛争処理センターを利用することが考えられます(これ以外に民事調停制度
などありますがここでは省きます。)。

以下、交通事故紛争処理センターの利用に関するQ&Aをご覧ください。

 Q1 交通事故紛争処理センターとはどのようなところですか。

 Q2 利用する場合、どこに申し立てたらいいのですか。

 Q3 弁護士に依頼しなくても交通事故紛争処理センターを利用できますか。

 Q4 弁護士に依頼して交通事故紛争処理センターを利用した場合、被害者本人は
    センターに出向かなくていいのでしょうか。

 Q5 交通事故紛争処理センター利用に費用は必要なのですか。

 Q6 和解あっせんや審査とは?

 Q7 交通事故紛争処理センターを利用できない場合ってあるのですか。

 Q8 交通事故紛争処理センターのメリット、デメリットを教えて下さい。

 

 当事務所が交通事故紛争処理センターにて解決した実績はこちらです。 

交通事故紛争処理センター利用により合計約382万円で解決した事例
むちうち、腰椎捻挫で併合14級、交通事故紛争処理センター利用により、367万円
 の支払いを受けた事例
腰椎捻挫で後遺障害14級9号認定 治療費を除き305万円の賠償金が認められた事例


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます