頭部外傷でお悩みの方へ

高次脳機能障害により苦しむ被害者,悲しむご家族のために尽力することが,私の役割です!

 

高次脳機能障害に関する解決事例

後遺障害等級認定併合6級(高次脳機能障害,下肢短縮)賠償額が約3950万円から約7230万円にアップした事例

 

頭部外傷に遭われたご家族の方へ

弁護士 金田英二誰かが交通事故に遭い,頭(脳)に大けがを負い,昏睡(こんすい)状態(意識障害)となり,記憶が思い出せない状態が一定期間継続したというような場合,高次脳機能障害と診断され,障害が残ることがあります。
 
後遺障害が残った場合には,今まで出来た事ができなくなったり,事故前のように話をすることが,出来なくなったり,記憶障害が発生して残ったり,道に迷ったり,怒りっぽくなったりといったことが起こる可能性があります。

事故にあった被害者の日常の様子が,事故前と違うことに気づかずに長期間が過ぎてしまった
ということも考えられます。

交通事故で頭(脳)に大けがを負った被害者のご家族の方には,事故前と事故後の被害者の様子に違いがあるかどうか配慮されることが望ましいでしょう(ただ,被害者の様子に変化があったと
しても,それを正しく認識することは非常に難しいものですが)。
第一に被害者のための配慮です。   

後遺障害が残存した被害者が,配偶者(夫や妻),息子さんや娘さん,お父さんやお母さんと
いった家族の助力なしに日常生活を送ることは非常に難しいという事態も発生し得ます。

そうなれば,ご家族の負担が重く大変なものになることもあり,ひいては,今までのご家族の
生活状況を根本的に変えることも考えなければならない事態も発生するかもしれません。

それでも,一番苦しい思いをしているのは被害者ご本人ではないでしょうか。

このように苦しんでいる被害者を救済するためには,加害者側から適正な損害賠償金の支払いを受ける必要があるといえますが,そのためには弁護士の活動が必要不可欠だといえます。

そして,弁護士によるサポートは事故後早期の段階から行われることが望ましいといえます。

当事務所では,事故後出来るだけ早い段階からご相談されることをおすすめしております。

高次脳機能障害の被害者救済に一つでも多く貢献できるよう弁護活動を行います。

 

高次脳機能障害に苦しむ被害者ご家族の方へ

高次機能障害について

高次脳機能障害と後遺症(後遺障害)

高次脳機能障害と後遺症障害等級

詳しくはこちら

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます