脊髄損傷でお悩みの方へ


交通事故にあい、脊髄損傷の後遺症が残ってしまった被害者の
深刻な問題


 交通事故にあい、頸椎(首の骨)の骨折や脱臼により頚髄(脊髄)が損傷
した場合、症状が重いと手(上肢)や足(下肢)が、まったく動かず、感覚
もなくなる
(これを完全麻痺といいます。)場合があります(膀胱直腸障害
発生する可能性もあります。)。

 もし、頚髄(脊髄)損傷の被害者が、介護を必要とする状態になった場合、
その介護は、ご家族の方にとって、労力的にも大変な負担になるだけでなく、
その介護は長期間におよんでしまうことが考えられますし、そのような介護を
毎日のように行わなければならない精神的負担も深刻な問題だと思います。

 それだけでなく、被害者が事故の後遺症で勤務先をやめなければならなくな
った場合、将来の経済的不安は、被害者ご本人だけでなく、ご家族にもふりか
かるおそれもあります。

脊髄損傷被害者のために弁護士ができること


 先ほど述べたように、脊髄損傷で後遺症が残り、介護を必要とする状態になっ
てしまった場合には、いろいろ深刻な問題があります。

 これらの問題に立ち向かうためには、将来の経済的不安をできるだけ解消する
ことが重要といえますが、弁護士は、事故で被害にあわれ、受けた損害について、
適正かつ妥当な賠償金を受けられるよう弁護活動を行います。

 それも、事故後、できるだけ早い段階から弁護士にご相談され、幅広いアドバ
イスを受けられることが、脊髄損傷の被害者やそのご家族の将来のためにもより
よいと考えております。

ま ずは、当事務所の初回無料相談をご利用いただき、弁護士とお話をしていた
だき、きっかけをつかんでいただければと思います。  

後遺障害について


後遺障害ページへ


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます