弁護士費用特約

 

弁護士費用特約が利用できると?

  多くの保険会社は300万円を上限として弁護士費用の支払いをします。
 弁護士費用が300万円を超えるというケースは非常に少ないですので、弁護士
に依頼されたお客様の弁護士費用の負担は 実質なし というケースの方が圧倒的
に多いです。

 

  • 弁護士費用が300万円を超える可能性があるケースはどうなるのか?

  ご依頼いただくかどうかをお決めいただくまでに当事務所弁護士がご説明いたします。

 

  • 自分は任意保険の契約をしていない…

  被害者ご自身がかけておられなくても弁護士費用特約が利用できる可能性が
あります。以下をクリックしてごらんください。

  弁護士費用特約を見落としていないでしょうか?

 

  • 弁護士費用の弁護士特約の計算方法

 
着手金(消費税は別途かかります。)

  ①請求金額が300万円以下の場合

請求金額の8%
ただし、最低着手金額を
定めております。
当事務所の相談でご説明
いたします。

  ②請求金額が300万円を超え
  3000万円以下の場合
   300万円を超えた請求部分
 の5%+①
  ③請求金額が3000万円を超える
  場合 
   3000万円を超えた請求部分
 の3%+①+②

 

報酬金(消費税は別途かかります。)

  ①獲得金額が300万円以下の場合

獲得金額の16%

  ②獲得金額が300万円を超え
  3000万円以下の場合
   300万円を超えた獲得部分
 の10%+①
  ③獲得金額が3000万円を超える
  場合 
   3000万円を超えた獲得部分
 の6%+①+②

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます