過失相殺とは


 過失相殺とは、交通事故の原因等において、被害者側にも過失があると認め
られた場合、賠償金額が減額になることをいいます

 わかりやすくいいますと、仮に、被害者であるあなたに2割の過失があるという
ことになった場合、あなたに生じた損害額が1000万円だったとすると、賠償金額
が800万円となります。

 過失の割合がどれくらいになるのかについては、過去の裁判例をもとに作成され
た過失相殺率の認定基準が参考にされます。
 保険会社も、上記認定基準を参考にして被害者の過失を主張してくることも多い
です。しかし、「過失の割合がどれくらいになるのか」という判断はそう簡単にで
きるものではありません。

 「被害者側に過失がある」という主張があるからには、過失があるという主張の
もととなる事実(たとえば、被害者車両に速度違反があった、中央に寄らずに右折
した、など)が主張されているはずですが、その事実が本当にあったのかどうかを
検討する必要があります。
 
そのような事実がないということをより説得的に説明するには、事故直後から証
拠を保全するということが重要になってくるでしょう。
 そして、仮にその事実があったとしても、それが何割ぐらいの過失になるかという
ことを評価する必要があります。
また、加害者の過失割合を加算する要素があって、
それが忘れられているという場合があるかもしれません。

 過失相殺、過失割合の判断は簡単なものではなく、保険会社の提示に対する回答
をする前に、専門家による意見を聞いていただければと思います。

過失相殺の点について不安を感じられた場合には当事務所にご相談ください。

 


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます