過失割合に関し当事務所が取り扱った事例1

事例1:裁判で、原付バイク乗車被害者の過失はなしとされた事例

事故態様は


 原付バイクで道路の左端をゆっくり直進走行していた被害者に、四輪車が衝突
した事案でした。四輪車は、被害者車両と同方向に走行し、左側路外施設に入ろ
うと左折進行した際に衝突したものでした。
 当事務所は治療中からご依頼をお受けしました。 

相手は


 人損の示談当初から過失割合、つまり、被害者にも過失があった旨主張して
きました。
 この件、結局、その他の大きな争点もあり、裁判(訴訟)提起することになり
ました。
 裁判でも当然過失割合が争点になりました

当事務所弁護士による検討


 当事務所弁護士が入手した刑事記録を見て検討したところ、以下の点などが気に
なりました。

  • 四輪車が左折の際、道路の左端に寄らずに左折したこと
  • 四輪車の方は衝突するまで被害者とその原付バイクに気づいていなかったこと
  • 四輪車の方は衝突するまでブレーキをかけていなかったこと
  • 四輪車が指示器を出し遅れていたこと(その他の事情もありますが、省略いたします。)

 当事務所弁護士は、被害者の方にも話を聞き、上記の気になる点も踏まえ、被害者
にとってこの事故は避けることが出来ないものだった
と考えました。被害者の方も同様
の意見でしたので、裁判でも被害者に過失はない旨一貫して主張しました。

 

裁判では


 過失相殺をすることは相当でない旨判断され、結局被害者側に過失はない旨の
判断がくだされました。
 

ひとこと


 過失割合の問題は、実際の事故態様について刑事記録をはじめとした資料を一つ
一つ丁寧に検討していくことが大事です。

 事故態様の検討、事実関係の検討、過失の評価といった問題は弁護士による相談を
受けなければ非常に難しいものといえます。


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます