症状固定日以降の通院

→症状固定とは?


 これ以上、ケガの治療を続けても、症状改善が見込めない状態になった
こと
をいいます。

症状固定日を明らかにする意味は?  


 いくつか例を挙げます。

  • 事故により被害者がケガをした場合、加害者側が支払うべき治療費は原則と
    して症状固定日まで
    となります。
  • 休業損害は、事故日から症状固定日までの期間で問題となります(症状固定日
    以降の労働に関する損害は、後遺障害等級が認定された場合に、逸失利益として
    請求できる可能性があります。)。
  • 損害賠償請求権の消滅時効との関係での問題があります。

症状固定日以降の通院は、全く意味がないわけではありません


 よく、「症状固定日以降は通院してはダメだと思っていた…」という声を聞きます。
しかし、症状固定日以降の通院が禁止されているわけではありません
 事故でケガをした部位に関する症状固定日以降の通院は、原則、被害者自身の費用
負担で行うことになるというだけです。
 
実際、事故によりケガをしたところが痛いからなどで、症状固定日以降も自費で通院
される方はおられます。
 このような通院は全く意味のないものかというとそうではありません。

 以下、2点ほど指摘します。

1、後遺障害等級認定の判断の際に考慮される可能性があること

  事故によるケガに関して症状固定日以降も通院していた場合、痛みが
 残っていて、将来的にも回復が困難だろうと判断されるかどうかの一材料
 となり得るからです。

  *異議申立に関する事案ですが、以下の内容もクリックしてご覧ください。
  →非該当から等級認定を獲得した事例3

2、後遺障害逸失利益における労働能力喪失期間の判断に影響を
  及ぼす可能性があること

  たとえば、むちうち(頚椎捻挫)で後遺障害等級が認定された場合、逸失
 利益が認められるとしても、労働能力喪失期間が争点となることが少なくあ
 りません(逸失利益は基礎収入×労働能力喪失率×労働能力喪失期間で算定
 いたします。)。

 もし、症状固定後も痛みやしびれが残り、症状固定後も整形外科に通院していた
というような事情がある場合、このような事情は労働能力喪失期間をどれくらいと
するかを判断する際の考慮材料になり得ます。


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます