胸椎破裂骨折で脊柱に中程度の変形を残す後遺症が認定された事案の後遺障害診断書記載例

当事務所がご依頼を受けて、後遺障害等級認定申請手続を行い、後遺障害等級が認定された事案に関し、後遺障害診断書の記載をご紹介いたします(掲載につきご承諾をいただいております。)。

 

症状、後遺障害等級 

この被害者の方は、脊柱の中程度の変形障害(第8級相当)以外に、
高次脳機能障害が残存して第7級4号
外貌に相当程度の醜状が残存して第9級16号

が認定され、併合5級が認定されましたが、今回、脊柱変形障害についての部分のみご紹介いたします。

被害者:40代男性
傷病名:胸椎破裂骨折
(実際には、脳挫傷、下顎骨骨折、鎖骨骨折等その他の傷病名もありましたが、ここでは省略いたします。)
等級:後遺障害8級相当(せき柱に中程度の変形を残すもの)

以下、本事案に関する後遺障害診断書の記載(記載のうちの一部をご紹介いたします。

 

後遺障害診断書の記載例

傷病名の欄 第5胸椎破裂骨折(その他の傷病名は省略いたします。)
自覚症状の欄 胸背部痛(胸椎骨折部周囲)、右肩外側・右下肢のしびれと知覚鈍麻(その他の自覚症状の記載は省略いたします。)
精神・神経の障害他覚症状および検査結果の欄 T5破裂骨折
T1-8まで胸椎後方除圧固定術施行。
T1,2,3,6,7,8に椎弓根スクリューを挿入し、それぞれをロッドで固定した。受傷時のXP,CT,MRIでT5破裂骨折を認めた。
その後、手術施行後の画像評価では、脊椎のアライメント不良を認めるが、T5椎体の圧潰の進行はとまり、骨折部周囲の仮骨形成を認める。
(日付の記載があります)のCTにて後彎の程度;50%以上
(日付の記載があります)のXPにて側彎の程度;50度以下

胸椎破裂骨折は骨癒合は得られているが、椎体圧潰の程度が強く、今後重労働は困難と考える。

T5椎体が50%以上圧潰
T5前方椎体高 4
T5後方椎体高 20

(※人体図は胸背部に疼痛、右肩外側・右下肢にしびれと知覚鈍麻がある旨の記載になっていました。

脊柱の障害欄 T5破裂骨折
T1-8の後方除圧固定(T1,2,3,6,7,8に椎弓根スクリューを挿入、T5椎弓切除)
運動障害欄 ※可動域は2分の1以下に制限されていませんでした。

 

 このページを見ている人は、こちらのページもご覧になっています!


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます