頚部受傷12級13号が認定された後遺障害診断書記載例

症状、後遺障害等級

 
   被害者…50代男性
   事故態様…自車(四輪車)は赤信号で停車中、後方から二輪車が追突した事故でした。

   治療リハビリ後、後遺障害(後遺症)診断が行われました。
   当事務所が後遺障害等級認定の申請の代理をしました。

   等級認定結果…頚部受傷後の頚部痛や両上肢症状につき
          12級13号局部に頑固な神経症状を残すもの
          が認定されました(ただし、自賠責では、既存障害14級9号 
          の認定があったために、加重障害と判断されました。)。

   上記ケースの後遺障害診断書は以下のとおりでした(もちろん、掲載については
  ご本人様のご承諾を頂いております。)。

 


後遺障害診断書の記載例

傷病名の欄

頚髄損傷でした

※ただし、自賠責等級認定では、頚髄損傷については明確に判断されておらず、おそらく否定されたものと考えられます(本件では頚椎に骨折、脱臼はありませんでした。非骨傷性の頚髄損傷の問題だったと思います。)。
 その理由ですが、自賠責等級認定において頚髄損傷の判断をするのに重要な、ある医学的異常所見が確認できなかったからだと考えられます。

自覚症状の欄 頚部痛、右頚部がつまった感じ、右が向きにくい
右上肢外側、右手中指・環指・小指、左上肢、左手にしびれ
手を動かさなくてもふるえる
精神・神経の障害他覚症状および検査結果の欄 ・MRI…C3/4 disk herniation
 (同部T2信号変化は明らかではない旨の記載もありました。 
  この点は、当事務所弁護士も確認しましたが、どうも信号変
  化はなさそうでした。)
・握力(左右の数字の記載がありました)右握力の低下を認める
・筋萎縮を認める 周径右上腕27cm 左上腕29cm
  (前腕は省略します。)
・Spurling両側とも(-)
・深部腱反射 上腕二頭筋、三頭筋、腕橈骨筋いずれも左右とも  
 正常範囲
・Hoffmann(-)Tromner(-)
・Wartenberg(-)
・MMT5/5明らかな左右差を認めない
・知覚鈍麻明らかなものはなし
・頚部可動域 後屈制限あり
・人体図には両上肢しびれ、右上肢疼痛が記されていました。
関節機能障害の欄

※頚椎部運動障害欄は省略いたします。

憎悪・緩急の見通しに関する欄 当初の症状の大半は軽快した旨、今後は自然経過として増悪するおそれは低いと考えられるが、持久力の低下等は後遺障害として残存すると思われる旨の記載がありました。

 

認定結果


   自賠責には画像も提出しました。
   自賠責の判断は、頚部受傷後の頚部痛、右上肢外側、右手中指・環指・小指、
  左上肢、左手にしびれ等の症状については、頚部画像上、椎間板膨隆による
  左右の神経根への圧迫所見があり、他覚的に神経系統の障害が証明されたもの
  として、12級13号(ただし加重障害)が認定されました。

 

ひとこと

   
   上記のとおり、神経学的検査では正常と判断された点がかなりありました。
  しかし、MRI画像上の異常は当事務所弁護士が見ても明らかなものがありました。
   頚髄損傷が認められた場合には、神経学的異常所見にもよりますが、9級以上
  の等級が認定される可能性があります。
   後遺障害で等級が認定されるためには、後遺障害診断書の記載も大事ですが、
  それだけでなく、画像上の異常所見の存在とその程度、治療経過、症状経過など
  も大事だと思います。

 


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます