手・足を骨折などのけがをされた方へ


 交通事故に遭い、手や足を骨折した、肩や足が脱臼した、ひざのじん帯を
損傷
した等のけがをすることがあります。

 このように、手や足を受傷し、後遺症が残る可能性がある場合、以下の点に
ご注意いただきたいと思います。

 

上肢・下肢の障害


 後遺症(後遺障害)等級認定では、

 上肢は、上肢手の指
 下肢は、下肢足の指

 に分けて考えられます(それぞれ左右があります。)。

 

上肢 の障害には以下のようなものがあります

1. 欠損障害

例)1上肢をひじ関節以上で失ったもの

2. 機能障害

肩、ひじ、手、前腕の各関節の動きが制限された場合の障害

3. 変形障害

偽関節の残存、長管骨の変形の残存

4. 醜状障害

例)上肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの

 

下肢 の障害には以下のようなものがあります

1. 欠損障害

例)1下肢をひざ関節以上で失ったもの

2. 短縮等の障害

例)1下肢を1センチメートル以上短縮したもの

(1下肢が長くなるという障害もあります。)

3. 機能障害

股、ひざ、足の各関節の動きが制限された場合の障害や動揺関節となった場合の障害

4. 変形障害

偽関節の残存、長管骨の変形の残存

5. 醜状障害

例)上肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの

 

手の指 の障害には以下のようなものがあります


1.  欠損障害
2.  機能障害

 

足の指 の障害には以下のようなものがあります


 1.  欠損障害
 
2.  機能障害

 
 もし、交通事故に遭い、手足を受傷し、もし、後遺症が残ってしまうというこ
となら、後遺障害等級認定では、大きく分けて以上のような類型があることを心に
留めておいてください。
 上記各障害が後遺障害として等級認定されるには要件があります。
 詳しくは当事務所でのご相談でお話させていただきます。¥ 

解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます