上肢・下肢の骨折等が原因で痛みなどの神経症状が残った場合


 上肢や下肢を受傷して後遺症が残った場合、後遺障害として等級が認定される
可能性のある障害は、基本的には以下のとおりです。

 欠損障害、機能障害、変形障害、醜状障害、(下肢につき)短縮障害

 上記障害にいずれにも該当しないケースでも、上肢や下肢について、骨折や靱帯
損傷などの原因により、痛みなどの神経症状が残る場合があります。

 このような場合、以下の後遺障害等級が認定される可能性があります。

 ●後遺障害12級13号…局部に頑固な神経症状を残すもの
 ●後遺障害14級 9号…局部に神経症状を残すもの

 ※ 12級6号に該当する左肩関節機能障害が残った場合に左肩の痛み(疼痛)も
   残ったというような場合もありますが、この点はここでは省きます。

 

 

後遺障害12級13号として認定されるためには?


 「他覚的に神経系統の障害が証明されるものと捉えられること」
が要件になります。

  上肢・下肢の骨折や靱帯損傷があった後に後遺障害12級13号が認定された例 

 をクリックしてください。

 


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます