上肢・下肢の骨折や靱帯損傷があった後に後遺障害12級13号が認定された例

 上肢や下肢の骨折・靱帯損傷を受傷し、

 欠損障害、機能障害、変形障害、醜状障害、(下肢につき)短縮障害

 のいずれにも該当しなかったものの、骨折や靱帯損傷などの原因により痛みな
どの神経症状が残り、後遺障害12級13号が認定されたケースがあります。

 以下、紹介します。

裁判例上見られるもの

 

 膝痛につき、画像上、膝プラトー骨折後の不整癒合が認められたもの
 (関節機能障害の要件は満たさず)
  ※ 膝のプラトー骨折は、脛骨高原骨折、脛骨近位端骨折などという傷病名で
    診断されることもあります。

● 膝の痛みが、画像上認められる膝の複数箇所の靱帯損傷に伴うものであること 
 (関節機能障害の要件は満たさず)

 

当事務所弁護士が取り扱ったケース


● 足部骨折の足部痛につき、リスフラン関節のアライメント異常が認められ、
  神経症状12級13号が認定されました(この件は、画像のほかにも立証に
  役立った医証がありました。)。

●  手根骨骨折が画像上確認できたこと、神経伝導速度検査の結果、手根管症
  候群と診断されたこと(母指球筋の筋萎縮もありました)などで、手指の
  しびれにつき神経症状12級13号が認定されました。

交通事故にあい、上肢・下肢に骨折や靱帯損傷を受傷され方は、当事務所にご相談ください。

 


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます