肩鎖関節(けんさかんせつ)脱臼


肩鎖関節(けんさんせつ)とは


 鎖骨(さこつ)と肩甲骨(けんこうこつ。くわしくは、肩峰という部分
です。)をつないでいる平面の関節のことをいいます。
 この部位には、肩鎖靱帯(けんさじんたい)という靱帯があります。

  (参考)鎖骨と肩甲骨の烏口突起(うこうとっき)との間には、烏口
      鎖骨靱帯という靱帯があります。

 

交通事故で肩鎖関節脱臼を受傷するケースとは

  
 二輪車や原付バイクに乗車していて事故にあったケースが多いといえます
 (当事務所がご依頼やご相談をお受けしたケースでもそうです)。

 

肩鎖関節脱臼の程度

   
 簡単にいえば、以下のような類型があるといわれています。
 詳しくは、当事務所でのご相談になります。

 ・肩鎖関節の捻挫にとどまるもの
 ・肩鎖靱帯は断裂しているが、烏口鎖骨靱帯の断裂はないもの(「亜脱臼」
  ということもあります。)
 ・肩鎖靱帯、烏口鎖骨靱帯とも断裂しているもの(この中でも、鎖骨の
  ずれの状態等で分類があります。)

 

肩鎖関節脱臼の治療法

 
 保存療法、手術療法といった治療法がとられます。

 

治療をしても治らない場合(肩鎖関節脱臼と後遺障害)

 
 以下の後遺障害にあたるかどうかが問題になります。


 ・鎖骨の変形が残った         …12級5号
  ※ 変形とは、裸体で明らかに変形や
    欠損がわかる程度のものである必要
    があります(レントゲン等で初めて
     わかるものは該当しません。)。
  
 ・受傷部位の痛み等の神経症状が残った …12級13号
                     14級 9号

 ・受傷した側の肩関節に可動域制限
  (機能障害)が残った        …10級10号
                     12級 6号

  ※ 受傷側の可動域が健側の1/2以下
    に制限されている場合に10級10号
    の、3/4以下に制限されている場合に
    12級6号の認定要件になります。


肩鎖関節脱臼と肩関節機能障害

 
 肩鎖関節脱臼は通常著しい機能障害を残さないという考え方もあるよう
です。しかし、実際裁判例などを見ていると、肩鎖関節脱臼後の肩関節に
つき著しい機能障害が認定されているケースはあります。
 私見ですが、画像上どのような異常所見があるのか、将来的に肩可動域
の大きな制限が残存することについての医学的所見があるのかどうか等が、
著しい機能障害の認定に影響してくるのではと思います。

 以下の、当事務所の解決実績をクリックしてごらんいただければ幸いです。

   肩鎖関節脱臼 鎖骨変形、肩関節機能障害等で最終的に併合11級が認定されたケース

複数の後遺症が残ったときの関係は

 
 変形と痛みが残った場合や変形と肩関節機能障害が残った場合などに
どうなるかについては、

     交通事故による鎖骨骨折

のページをクリックしてください。

 

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます