交通事故で被害を受けたときの損害

交通事故が原因でけがをした場合

たとえば、治療関係費、入院雑費、交通費、付添看護費、器具購入費、文書料、休業損害、入通院慰謝料、後遺障害逸失利益、後遺障害慰謝料の請求が問題となります。

交通事故でけがをしたときの損害をクリックしてください。  

万一、交通事故で被害者の方がなくなられた場合

たとえば逸失利益、死亡慰謝料(遺族の方固有の慰謝料も問題となり得ます。)、葬儀費用等の請求が問題となります。

死亡事故の損害をクリックしてください。


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます