高次脳機能障害

簡単に言いますと、外傷が原因で脳が損傷し、以下のような症状が発生した場合には、高次脳機能障害の可能性があります。

・新しいことを覚えられない
・1つのことに気持ちが集中できなくなる
・意欲や行動力が低下した
・感情のコントロールができなくなる
・記憶力が低下した
・話がまわりくどくなる
・会話がうまくできなくなった
・行動を計画して実行できなくなる

高次脳機能障害については、「意思疎通能力」「問題解決能力」「作業負荷に対する持続力、持久力」「社会行動能力(協調性等)」の4つの能力に着目します。

ご家族やご友人が「もしかしたら(交通事故が原因の)高次脳機能障害かもしれない」と感じられた場合、まずはご相談下さい。
   

後遺障害の解決事例


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます