脊髄損傷

脊髄(せきずい)とは


 脊柱(せきちゅう。簡単にいうと背骨のことです。)の中には空間があり、
その空間には脳から 神経 が通っています。この神経(中枢神経)のことを
脊髄といいます
 脊髄は脳から送られる命令を末梢神経に伝え、逆に末梢神経からの信号を
脳に伝えるという役割を持っています。
 年間約5,000人もの脊髄損傷が発生しており、その半数近くが交通事故に
よるものだと言われています。

 交通事故が原因で脊髄が損傷した場合、命令や信号が伝わらなくなってし
まい、麻痺や障害が起こります。
 そうすると、被害者の方が事故で入院し、そして退院した後も、さらに進
んで症状固定となった後も、日常生活を送ることすら困難となることが考え
られます。
 被害者の方が自力で生活することが困難である場合、被害者のご家族は、
その介護をしなければなりません。
 そうすると、精神的負担や経済的負担も重くなります。
 この介護は短期間では終わりません。

 それゆえ適正な金銭的賠償を得て、せめて経済的負担を少しでも減らす必
要があります。
 交通事故による身体的ダメージ、精神的苦痛は、金銭によって回復しきれ
るものではありません。

 そうであればなおさら、より多くの被害者の方に、交通事故による金銭的
賠償という点で、よりよい解決を目指して頂きたいと考えています。
お気軽に当事務所までご相談ください。

【 当事務所解決事例はこちら↓ 】

  脊随損傷(頸随損傷)に起因する障害が認められ、非該当から等級9級に
 変更された事例

 

脊髄損傷の症状


 脊髄が損傷されると、脳から末梢神経、末梢神経から脳への命令や信号が
うまく伝わらなくなり、以下のような症状が発生したり、伴ったりします。  

四肢麻痺(ししまひ)

簡単にいうと、両上肢、両下肢に運動障害が発生し、ひどいものは動かなくなる
というものです。 この場合、通常、広範囲にわたる感覚障害や、尿路障害などの
腹部臓器の障害も発生します。  

呼吸麻痺

障害部位によっては、呼吸器官に麻痺が生じ、人工呼吸器が必要となります。  

起立性低血圧

脊髄が損傷されることにより、自律神経機能に障害が発生し、立ったり座ったり
体を動かした場合に血圧が低下し、めまいや意識消失が発生します。  

感覚機能の低下

脊髄損傷によって感覚を失っていると「しびれる」という感覚も失ってしまいます。  

排尿や排便機能の低下


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます