遷延性意識障害

遷延性意識障害(せんえんせいいしきしょうがい)とは

 簡単にいうと、いわゆる植物状態のことです。
 意識がなく、言葉も話せず、体を動かすこともできない状態です。
 遷延性意識障害の約半数が交通事故によるものだといわれています。

 大変な介護が必要になります。
 被害者のご家族は、精神的にも、肉体的にも、経済的にも多大な負担を強いら
れることになります。

 そのうえ、遷延性意識障害のような重度の障害では賠償額も高額になることから、
証拠収集が難しかったり、保険会社とのやりとりが困難となり、さらなる労力が必要
となります。

 このような場合には、弁護士のサポートが不可欠ともいえます。
 被害者側の負担を可能な限り減らし、損害に見合った金銭的賠償を取得すること
ができるよう弁護士が サポート致します。


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます