腰椎・頚椎・胸椎の圧迫骨折


 当事務所の弁護士のこれまでの感想ですが、当事務所の交通事故のご相談を
受けた方のうち、交通事故に遭い「腰椎圧迫骨折と診断された」という方が以外
と多いな… という印象を受けました。

 脊髄損傷のところでも述べましたが、脊柱(せきちゅう)とは、簡単にいうと
背骨のことです
 そして、頚椎、胸椎、腰椎などは脊柱の一部ということになります。
 この背骨は、体を支えたりする等大切な役割があります。

 もしこの背骨の一部が圧迫骨折となった場合には、重大な障害が発生する
可能性があります。

 圧迫骨折に関する後遺障害等級認定の着目点を以下に挙げます。

変形障害


 脊柱が、後彎(こうわん。かんたんにいえば、背中が丸くなることです。)に
なったり、側彎(そくわん。かんたんにいえば、左側や右側にまがってしまうこと
です。)になったりした場合に、この後彎や側彎の程度が等級認定と関係します。

 また、脊柱圧迫骨折などが残り、それがレントゲン写真等で確認できるか否かと
いうことも後遺障害等級認定と関係します。

 詳しい認定要件については当事務所にご相談ください。

  ● 後遺障害第6級5号…脊柱に著しい変形を残すもの

  ● 後遺障害第8級相当…脊柱に中程度の変形を残すもの

  ● 後遺障害第11級7号…脊柱に変形を残すもの

 

運動障害


 たとえば、体を前に曲げたり、後ろに曲げたりといった運動に制限がある場合
後遺障害等級が認定される可能性があります。
 ただし、圧迫骨折等が残り、それがレントゲン写真等で確認できること等の前提
要件があります。
 詳しい認定要件については当事務所にご相談ください。

  ● 後遺障害第6級5号…脊柱に著しい運動障害を残すもの

  ● 後遺障害第8級2号…脊柱に運動障害を残すもの

 

荷重機能障害


 原因が明らかに認められ、頚部、腰部の保持に困難が伴い、硬性補装具を常時
要する等の要件があります。詳細については当事務所にご相談ください。

 交通事故が原因で頚椎、胸椎、腰椎の圧迫骨折と診断された方は、当事務所に
ご相談ください。


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます