むちうち(頚椎捻挫)について


交通事故にあってけがをした方の中で、むちうちになった方は非常に多いです。

むちうち損傷とは

 
 むちうち損傷とはかんたんに言いますと、たとえば交通事故で衝突を受けた
ときに、鞭(むち)がしなるように首がのびすぎて曲がりすぎる動きをし、損傷
すること
をいいます。

むちうち損傷にはいろんな名前がある?

 
 むちうちは、診断書には、頸椎捻挫外傷性頚部症候群頚部挫傷などという
診断名で書かれています。

どんな症状がでるの?

 
 むちうちになると、事故にあった当日や翌日に、首の痛みや頭痛を感じることが
多いといえます。
 また、むちうちになり、めまい、吐き気などが発生することもあります。

 むちうちでは、交通事故にあってすぐに、肩、上肢、手に、事故前までに
なかった痛み・しびれを感じる
というケースも少なくありません。

 むちうちと診断され、このような症状を感じた方は、「事故にあい、むちうち
(頚椎捻挫)と診断されたら」
のページをご覧ください。

 むちうちになり、治療を継続しても改善せず、ずっと痛みやしびれが残ったり
することも少なくありません。

 事故にあわれ、むちうちと診断され通院を重ねながらも、痛みやしびれを感じ、
何か疑問をもたれたときは、当事務所にご相談ください。
 当事務所ではむちうち、頚椎捻挫の解決事実績が非常にたくさんあります。


当事務所のむちうち、腰椎捻挫の解決実績です(以下をクリックしてご覧ください。)。
 
 ・頸椎捻挫(神経症状)後遺障害等級認定12級13号  1030万円の賠償金の支払いを受けた事例
 ・腰椎関係神経症状 12級13号認定 保険会社146万円提示後、総額751万円の支払いを受け
  た事例
 ・腰椎捻挫で後遺障害12級13号が認定され、合計964万円で解決した事例
 ・後遺障害等級認定併合14級(頚部・腰部の局部神経症状)合計額約670万円で解決した事例


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます