12級、14級、非該当

むち打ち(頸椎捻挫)に関する後遺障害等級認定結果


 以下のうちのいずれかの可能性があります。

 ・後遺障害非該当
 ・後遺障害14級9号(局部に神経症状を残すもの)
 ・後遺障害12級13号(局部に頑固な神経症状を残すもの)

 

 局部に神経症状を残すもの(14級9号)と、局部に頑固な神経症状を
残すもの(12級13号)の違いは?


 神経症状として14級を超える等級評価を行うには、障害の存在が他覚的に証明
されるものであること
が必要とされています。

 さらにくわしく言いますと、反射、筋力、筋萎縮、知覚などの神経学的検査で異常所
見が認められる
か、レントゲン写真、CT、MRIなどで異常所見が認められ、残った
症状とこれら医学的所見との間に整合性が認められること
が要件とされています。

 後遺障害等級認定結果の通知があり、疑問に思われる方は当事務所にご相談ください。


事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます
顔が見える地元京都の弁護士です!

最新解決事例

事故発生から解決までどうしたら良いのか?地元京都の弁護士が詳しく説明いたします!交通事故問題は弁護士に相談すべきであると言えます